『人の心に働きかける経済政策』メモ

この本、PP研の第12回「経済・財政・金融を読む会」https://www.peoples-plan.org/index.php/2022/10/04/post-440/のテキストとしてざっくり読んだ。岩波のサイトは https://www.iwanami.co.jp/book/b597623.htmlここでの内容紹介は以下感染抑止のた…
コメント:0

続きを読むread more

石垣りんさんのこと

おおたジャーナル https://ojhirobablog.wixsite.com/otajournal/ 2022年11月号、に掲載してもらったコラムの原稿掲載。それにしても、20世紀の終わりころから月刊で出し続けているというのがすごいと思います、おおたジャーナル。今回の原稿はけっこう使いまわしているものとかなぁと思わないわけでもない…
コメント:0

続きを読むread more

『バザーリア講演録 自由こそ治療だ!』メモ

岩波書店のサイトはhttps://www.iwanami.co.jp/book/b313841.html以下、そこからバザーリア講演録自由こそ治療だ!イタリア精神保健ことはじめ刊行日 2017/10/06この本の内容世界に先駆けて精神病院をなくし,開かれた地域精神保健を実現したイタリア.その改革をリードしたのが精神科医フランコ・バザーリ…
コメント:0

続きを読むread more

障害福祉サービス利用のための「計画相談支援」の課題。その質と量は?

昨日、ブログに直接、書いた「計画相談支援」の課題について、独立させて掲載。多少加筆。~~~~~~計画相談支援の質と量、これでいいのだろうかと感じることは多い。まず、質について 通所事業所で同じ事業所内に居を構える同一法人のもとにある相談支援事業所は、相談支援としてちゃんと機能しているのか疑問。すべての実態を知っているわけではないので、断…
コメント:0

続きを読むread more

日本の福祉における「サービス偏重主義」をAOPへ (ほんの紹介55回目)

たこの木通信、2022年9月に掲載してもらった原稿。https://tu-ta.seesaa.net/article/493017321.html の続き 日本の福祉における「サービス偏重主義」をAOPへ(ほんの紹介55回目) 今回も『脱「いい子」のソーシャルワーク』から(3回目、これで終わる予定)。この本の最後の座談会で、主著者の坂…
コメント:0

続きを読むread more

AOP(反抑圧実践)が必要な理由『脱「いい子」のソーシャルワーク』その2(ほんの紹介54回目)

たこの木通信、2022年8月に掲載してもらった原稿。https://tu-ta.seesaa.net/article/202209article_2.html の続き AOP(反抑圧実践)が必要な理由『脱「いい子」のソーシャルワーク』その2(ほんの紹介54回目)前回に引き続き『脱「いい子」のソーシャルワーク』(2021年、現代書館…
コメント:0

続きを読むread more

好きな絵本の画像

『すすめ! かいてんずし』(岡田よしたか作)このブログの設定なのか、フェイスブックの仕様なのかわからないが、最後に入れた写真がリンクに表示されるので、こんな絵を上げてみた。
コメント:0

続きを読むread more

”重度知的障害者”と呼ばれる人たちの『自立生活』について

フェイスブックのノート、いまも見る方法がないかと検索したら出てきた。https://takoratta.hatenablog.com/entry/2022/04/11/194949で、思わずいろいろ見てしまった。そこから出てきたのが以下。読み返すと、不十分なこと、この上ない。とりあえず、以下に転載。最後に少し付け足す予定。 ~~~~~…
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナの戦争と、非武装・9条の原理との関係について

ウクライナでの戦争をめぐる「市民の意見30」紙上での議論は大切な話ではないかと思った。しかし、あまり噛み合っていないようなので、自分なりに考えたことを書いてみた。議論として、目に見える形で開始されたのが、杉原浩司 さんによる「ウクライナの人々の尊厳を認めること」https://www.iken30.jp/bulletin/192/ から…
コメント:0

続きを読むread more