『ケーキの切れない非行少年たち』メモ

ケーキの切れない非行少年たち  (新潮新書)宮口 幸治著以下、読書メーターに書いたメモ38頁に『反省させると…』という本に言及している。形だけの反省をせまってもダメという本だった。このケーキ本にはその本に関して「反省できるだけでも上等じゃないか」と書かれているが、形だけの反省を求められた子どもたちはこの本の登場人物同様に理解できないまま…
コメント:0

続きを読むread more

『食べる経済学』の感想と読書会の感想

7月30日の経済・財政・金融を読む会(PP研)*テキスト:下川 哲『食べる経済学』(2021年12月、大和書房、1700円+税)*報告:中田哲也さん(「フード・マイレージ資料室」主宰)が開催されました。この日の白川さんによる案内は以下 みなさま。いま、エネルギーと食料品の価格が高騰し、毎月のように値上げが続いています。昨年から原油やトウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more