おおた障がい施策推進プラン(2024~2026年度)へ意見を提出した

おおた障がい施策推進プラン(素案)への意見募集https://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/ota_plan/kobetsu_plan/fukushi/syougaisyahukushi/soanpabukome.html昨夜、締め切りの20分前に提出しました。3年後の次回こそ、サンプルとして、できるだ…
コメント:0

続きを読むread more

徐京植さんのこと(追記あり)

徐京植さんが亡くなったとのこと。https://digital.asahi.com/articles/ASRDM6G0TRDMUCVL04J.html これから、追悼の文章が書かれることになるのだろう。誰が書くのかな?ぼくは丸木美術館で行われた鄭周河写真展「奪われた野にも春はくるか」https://www.tokyoartbeat.c…
コメント:0

続きを読むread more

失語症者向け意思疎通支援事業の早期実現にむけて(パブコメのお願いなど)

転載、転送歓迎という知り合いの泊さんからの案内を受けて転載します。(大田区高次脳機能障害支援者ネットでごいっしょしてます)||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||失語症者向け意思疎通支援事業の早期実現にむけて失語症者への支援にご協力いただける皆様へ(大田区在住・…
コメント:0

続きを読むread more

障害の社会モデル、世界的には「過去の遺物」?(本じゃなくて論文の「ほん紹介」68回目)

2023年10月に掲載されたたこの木通信の原稿。ちなみにたこの木通信、みんなに読んでもらって、会員になって欲しいとのことで、最近のものはダウンロードサイト https://takonoki2023.seesaa.net/ のパスワードが外してあるそうです。このテーマに深く関連した研究会につい昨日(12月2日)に行ってきたので、そのことも…
コメント:0

続きを読むread more

『対人支援のダイアローグ』メモ

結語として書いたことを冒頭に現状の精神療法の歪みを照らし出す鏡としてのODというような話も興味深いのだけど、ぼくには民主主義のベースにあるはずの対話、それを実現するためにODについて考え、学ぶことが一助になるという話がとても興味深かった。そんなことに関心がある人にはぜひ読んで欲しい。巻末の座談会から読むのもいいかも。『対人支援のダイアロ…
コメント:0

続きを読むread more

手話のあいさつと「ろう文化」について、ちょっとだけ考えた

偶然、深夜にテレビをつけたら、Eテレで「みんなの手話」をやっていたのです。 それが、これまでかじっていた手話とはかなり違っていて、驚きました。それから録画してます。 10月から新しく始まっていて(4月からのものの再放送のようです)、教材も新しくて、面白いです。 正確には以下のような放送時間放送日金曜日午前11時30分~11時54分…
コメント:0

続きを読むread more

『「社会」を扱う新たなモード』の紹介2(リベンジ)(ほんの紹介67回目)

9月のたこの木通信の「ほんの紹介」~~~7月に紹介(https://tu-ta.seesaa.net/article/500678455.html )した『「社会」を扱う新たなモード ~「障害の社会モデル」の使い方』(生活書院)の続きっていうか、前回のは紹介としてだめだったので、リベンジをはかる。とは言え、返り討ちにあいそうな予感。飯野…
コメント:0

続きを読むread more

映画『月』に関する試写から1か月後の感想(2度の追記あり)

以下、「津久井やまゆり園事件を考え続ける会」のメーリングリストに書いた文章の転載。雑誌『創』の篠田さんが、映画『月』のサイトのコラムを紹介してくれたので、それに返信しました。最後に追記 ~~~~篠田さん、みなさん篠田さん、紹介ありがとうございました。篠田さんのおかげで、この映画を試写で見せていただいてから、ず~っとモヤモヤしています。…
コメント:0

続きを読むread more