『障害者ってだれのこと?』メモ

『障害者ってだれのこと?   「わからない」からはじめよう』荒井 裕樹 著シリーズ 中学生の質問箱  出版年月 2022/07出版社のサイトhttps://www.heibonsha.co.jp/book/b606980.htmlまず読書メーターに書いたものから~~図書館の陳列棚にあったのを見て、思わず借りた。借りた後で「中学生の質問箱…
コメント:0

続きを読むread more

フェイスブックでの労働者協同組合をめぐるやりとり再掲

河添さんとフェイスブックで労働者協同組合をめぐるやりとりがあり、記憶に残すために再掲~~~~~~~~河添 誠私のフェイスブック投稿を読んだ、ある研究者の方から「河添さんと電話で話したい」とメッセージが来たので、「投稿の主張は間違っている」とか言われるんじゃないかとビビっていた。が、「河添さんの投稿と同意見だ」ということで、しばし、労働者…
コメント:0

続きを読むread more

『なぜふつうに食べられないのか』メモ

なぜふつうに食べられないのか拒食と過食の文化人類学磯野 真穂 著2015/01/20https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393333365.html 鈴木悠平さん主催読書会の指定図書。それがなけれ一瞥もしないはずの本だが、面白かった。そこで思ったのだが、医療モデルへの還元でとらえられないのは摂…
コメント:0

続きを読むread more

『ケーキの切れない非行少年たち』メモ

ケーキの切れない非行少年たち  (新潮新書)宮口 幸治著以下、読書メーターに書いたメモ38頁に『反省させると…』という本に言及している。形だけの反省をせまってもダメという本だった。このケーキ本にはその本に関して「反省できるだけでも上等じゃないか」と書かれているが、形だけの反省を求められた子どもたちはこの本の登場人物同様に理解できないまま…
コメント:0

続きを読むread more

『食べる経済学』の感想と読書会の感想

7月30日の経済・財政・金融を読む会(PP研)*テキスト:下川 哲『食べる経済学』(2021年12月、大和書房、1700円+税)*報告:中田哲也さん(「フード・マイレージ資料室」主宰)が開催されました。この日の白川さんによる案内は以下 みなさま。いま、エネルギーと食料品の価格が高騰し、毎月のように値上げが続いています。昨年から原油やトウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャルワークは社会的抑圧と向き合えているか(ほんの紹介53回目)

たこの木通信、2022年7月に掲載された原稿。送った後で原稿を触った形跡があるので、ちょっと変わっているかも。あわせて、間違いを一部訂正し、紹介箇所の頁やURLを追加。  ソーシャルワークは社会的抑圧と向き合えているか(ほんの紹介53回目) 今回、紹介するのは『脱「いい子」のソーシャルワーク:反抑圧的な実践と理論』(坂本いづみ ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『脱「いい子」のソーシャルワーク』メモ(その5)障害当事者運動にみるAOP(茨木尚子)

7 障害当事者運動にみるAOP  ——その可能性と課題 (茨木尚子) この章の「障害当事者の支援からソーシャルワークが学ぶべきこと」という節で、八王子のヒューマンケア協会という老舗の自立生活センターで行ったMさんの支援の例が書かれている。Mさんは家出してヒューマンケア協会に来たCPの青年で、親から自立し、八王子で自立生活をしたいという希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフフッドという概念から考えたこと(9月3日追記)

デフフッドという概念をnoteで知った。デフフッドを導入したろう教育の実践。https://note.com/matsuzakijo/n/nc71cc69f10b9 で知った。すごく興味深い。こんな説明がある。この用語は、生まれつきのろう者(ネイティブサイナー)であり、イギリスにあるブリストル大学ろう者学センターの教員を務めていたパティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more