近藤富枝著『馬込文学地図』メモ

年初に弁天池のほとりに引っ越して、近所のことをしりたくて、馬込文士村ガイドの会主催の連続講座(街歩き)に参加して、興味が出て図書館で借りて読んだ。この本のざっくりした概要を知りたい人は下記のブログがいいかも。近藤富枝 『馬込文学地図』を読む美人給仕の正体は?https://designroomrune.com/magome/k/kond…
コメント:0

続きを読むread more

ケーキを3等分出来ないことの問題(ほんの紹介61回目)

たこの木通信2023年3月号に投稿した原稿。~~~ケーキを3等分出来ないことの問題(ほんの紹介61回目) 『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治著)。この本、去年の秋に読んだ。出版されてから5年くらいは経っているかなぁと思いつつ、出版年を確認したら、2019年の12月で、2020年のベストセラー。すでに70万部売れたとのこと。このテ…
コメント:0

続きを読むread more

『彼は早稲田で死んだ』について (ほんの紹介60回目)

たこの木通信2023年2月号に掲載てもらった原稿。リンクを挿入し、読み返して補足したくなった部分やその後の情報も含めて掲載。 『彼は早稲田で死んだ』について(ほんの紹介60回目) 『彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠』(樋田毅著、2022年文藝春秋)。1972年、早稲田大学構内で、文学部2年生の川口大三郎さんが、自治会を…
コメント:0

続きを読むread more

『自由こそ治療』なのかな?『バザーリア講演録』雑感3(最終)(ほんの紹介59回目)

たこの木通信2023年1月号に掲載てもらった。誤変換を訂正して掲載。 『自由こそ治療』なのかな?『バザーリア講演録』雑感3(最終)(ほんの紹介59回目)  『バザーリア講演録 自由こそ治療だ!』についての雑感、その3。見通しもなく、書き始めて3回目になった。ここで終える予定。 長い読書メモを書き(https://tu-ta.se…
コメント:0

続きを読むread more

『津久井やまゆり園「優生テロ」事件、その深層とその後』メモ1(第Ⅰ部第三章まで)

考え続ける会で2023年2月11日に出版記念の会を企画。その日の朝までに、第一部までのメモを書いた。この本には長いタイトルとサブタイトルがある。津久井やまゆり園「優生テロ」事件、その深層とその後戦争と福祉と優生思想まず、この本のタイトルが相模原障害者殺傷(優生テロ)事件ではないというところに注目したい。「優生テロ」かどうかはとりあえず、…
コメント:0

続きを読むread more

『バザーリア講演録 自由こそ治療だ!』雑感、その2(ほんの紹介58回目)

たこの木通信2022年12月号に掲載した原稿。若干訂正して収録。~~~『バザーリア講演録 自由こそ治療だ!』雑感、その2『バザーリア講演録 自由こそ治療だ!』(岩波書店2017年)についての雑感、その2。前回 https://tu-ta.seesaa.net/article/495776553.html は主に貧困と精神病の関係について…
コメント:0

続きを読むread more

SDGs(持続可能な開発ゴール)は何を持続可能にしたいのか?

SDGsを多くの人が無条件に肯定的に語っています。他方で、それを一面的に否定する人もいないわけではありません。両方の態度が間違いだと、ぼくはは思います。以下は心にとどめておくべきだと思うのです。 持続可能にしなればならないのは、地球や生命や市井の人々の暮らしであって、開発ではない。にもかかわらず、SDGsというときに、今まで通りの開発…
コメント:0

続きを読むread more

【居住と生存 : ポランニー・イリイチ・玉野井芳郎 の思想と「水」のテーマ】(中山 智香子さん)について【メモとし…

【居住と生存 : ポランニー・イリイチ・玉野井芳郎 の思想と「水」のテーマ】(中山 智香子さん)について興味深い論文に出くわしたので、忘れないようにメモ書き始めて、かなり時間が経って、途中で力尽きました。その記録です。この論文、以下http://doi.org/10.32286/00026123からダウンロードすることが出来る。とても興…
コメント:0

続きを読むread more